Menu

スタッフブログ

今日の教育研究所

エンゼル教育研究所の今日のできごとをブログでお届けします。
各教室の様子をぜひご覧下さい。

BLOG
スタッフブログ

令和元年12月!タッキーのつぶやき♪

2019.11.29 (Fri)

 早いもので、2019年も師走に入ります。5月から新元号『令和』の時代になりました。社会情勢や教育環境も新時代へ少しずつ変革してくることが想定されます。私たち大人が想像できない未来を生き抜く今の子ども達が、どのような能力を今身につけておくべきか、しっかり考えることが私たち大人の責任です。しっかり考える為には“情報量”が重要です。「アンテナを高く張ること・本や新聞を読むこと・ニュースを見ること・見聞を広めること」などを努めて行い、正しくお子様を導きましょう。

 去る11月16日(土)に弊社つみき教室の創始者であります考伸会代表の江籠和幸先生による「つみ木特別レッスン」を行いました。乳幼児から小学6年生までの親子約90組が参加されました。保護者の皆様対象に、算数に関することやこれからの時代に必要な力について江籠先生からお話がありました。そのお話の中に、「今の時代『ねばる子』に育てましょう!」という内容がありました。算数(数遊びやつみき)をしていて、つまずいてしまったり難問を前に「わかんなーい」と諦めてしまったり、「ママ教えて~」と依存してしまう子どもが増えているそうです。その背景には、生活環境が便利すぎて困る経験をしていないことやネットで容易く問題を解決できてしまうことが原因であり、『ねばり強く考え抜く力』が育ちにくいそうです。そのお話を聞いて、私はその子の“今”を見るのではなく、“10年後20年後”にどのような人間に成長して欲しいかを考えていかなければならない、そしてそれを保護者の方々と共有しなければならないと強く感じました。今回の「つみき特別レッスン」で、つみき教室は様々な課題に取り組みじっくり考え、間違えては修正することを繰り返し行うことで、この『ねばり強く考える力』が自然と身につくことを実感しました。幼稚園時代からつみき教室に通っている小学生は、終了時間が17時だったのですが、江籠先生の出題に対しねばり強く課題に集中し、殆どの子どもが18時までトライしていました。1時間オーバーです。課題が出来た時の達成感は子ども達の表情に出ていました。そのことが自信に繋がり、自己肯定感が高まることで健全な人間力も高まると思います。そして10年後20年後の未来を自分で切り拓くことができます。保護者の皆様、特にこの幼児期のキーワードとして『ねばる子』の育成を共に取り組んで参りましょう!

では、何かと気忙しい師走ですが、楽しく充実した年末年始をお過ごし下さい。そして、1月に笑顔でお会いしましょう。

令和元年12月                                               エンゼル教育研究所                                            代表 滝沢尚子

株式会社ハッピースマイル「エンゼル教育研究所」

〒276-0025 千葉県八千代市勝田台南1-2-6

047-482-4602

受付 9:00-17:00(土・日・祝日を除く)