Menu

スタッフブログ

今日の教育研究所

エンゼル教育研究所の今日のできごとをブログでお届けします。
各教室の様子をぜひご覧下さい。

BLOG
スタッフブログ

2019年3月 タッキーのつぶやき♪

2019.03.01 (Fri)

今日から3月ですね♪
昼間はポカポカした日も続き、だんだんと春めいてきましたね。研究所の庭にも冬の厳しい寒さを耐え忍んだチューリップの球根が一週間くらい前から芽を出し、春に何色の花が咲くのか今から楽しみであると共に、今年度も後残り一か月であることを改めて感じました。皆様のお近くでも春を感じる出来事はありますか?                                                                                                             

 2016年4月「2020年小学校でのプログラミング教育必修化」を文部科学省から発表され、総務省はIT人材不足に対応するために、2025年までに「IT人材を新たに100万人育成する」と発表されました。そこで、エンゼル教育研究所でも、子ども達が未来で活躍する力を身に付けるために、2019年4月より小学生対象のロボットプログラミング教室『エジソンアカデミー』を開講します。2019年秋には年長児対象の『自考力キッズ』(パズル&ロボット&プログラミング)を開講予定です。

 研究所でプログラミング教室を開こうと思ったのは、まず一つ目にこれからの時代、AIやロボットと共存していく中で、「AIを使いこなせない人材」になってしまっては、これからを生き抜くための選択肢が狭まり、未来をたくましく生き抜ける可能性が低くなってしまいます。やはり「AIを使いこなす人材」になるためにプログラミング的思考を学び、スキルと新しい時代の教養を身に付けることが必須であると考えたからです。二つ目には、幼児や小学生は何事も経験や体験を通してスキルが身につくと考えるので、プログラミングを通して、「失敗したり困ったりする経験」と「成功体験」を繰り返しすることで様々な自信が身につくと考えるからです。パズルやブロック、プログラミングの教材は試行錯誤を繰り返すことで、成功体験の獲得に適しています。

 幼児期は、様々な体験や経験を通して五感を刺激し、人間力を高めることが最も重要です。それぞれの教室やイベント・先生やお友達との関わりを通して子ども達が未来をたくましく拓き活躍できる大人に成長するよう、エンゼル教育研究所は教育の場と環境を整えて参ります。今後にぜひご期待下さい。

最後に、今年度も大変お世話になりありがとうございました。皆様方の多大なるご理解とご協力のおかげで、無事に一年間を過ごせたことに、心より感謝御礼申し上げます。平成31年度、研究所職員一同さらに精進して参ります。平成31年度も何卒よろしくお願い致します。

 

平成31年3月1日                 

エンゼル教育研究所

代表 滝沢尚子(タッキー)

 

 

株式会社ハッピースマイル「エンゼル教育研究所」

〒276-0025 千葉県八千代市勝田台南1-4-14

047-482-4602

受付 9:00-17:00(土・日・祝日を除く)